フリマに出てからの話

フリマに出てからの話

こんにちは!

one leafです^^

(サムネはかつての作品です)

前回フリマに初出店したときのことを書いて終わりましたよね!

あの後実は同じ月に別のフリマにも出店したのですが外で規模が大きくて私はこれは沢山見ていただけるとチャンスがきた!?

と、ワクワクしながら出店したのですがそこで待ち受けていたのは"ハンドメイドの価値は皆無の安く大量に売る叩き売り"

でした…!

その日の総売上は8000円くらいだったけな

今では考えられないくらい大赤字の安い価格だったのに

みていかれるお客さまの中には『こんなものがこんなするの?』や、『もっと安くなる?500円で(3000円くらいのポーチ)』

さすがに値下げは応じなかったのですがカルチャーショックを受けた私

 

ハンドメイドへの価値はそこにはありませんでした。笑

あの瞬間の私は、あんなに材料費かかったのに?あんなに頑張って作ったのに?そんな思いがふつふつと湧き上がってきました

 

あとから思ったら、そりゃそうか、わたしが今参加しているのは

ハンドメイドマルシェではなくフリーマーケット。

 

しかしそんな中でも見ていかれるお客様や買ってくださったお客様とのその時のやり取りも未だに覚えています!

かわいいね、かっこいいね、綺麗に作るね

そんな言葉がすごく嬉しくて感謝いっぱいでした✨

 

この日を境にフリマではなくハンドメイド作品だけが並ぶイベントに出たい!という気持ちが大きくなりこの年から沢山のハンドメイドイベントに挑戦、出店させていただきました。

ありがたいことに地元の人気パン屋さんに委託販売をさせていただいたり活動範囲が広がりました!

 

そして次女を授かりました。

次女を授かってからと言うもののなんて元気ないい子なんだろう!お母さん思い!

臨月まで活動ずっとさせてくれましたよ!

(セーブはしてました)

同じ頃に自分の個性、感性、意識、人との考え方や価値感、人付き合いなどについても凄く悩むことも多かったです。

次女の産後は作家活動開始も早く好きなことをしながら育児、家事を流れるようにやってきました。

忙しく今はもう思い出せないこともあります笑

 

この頃は子供が寝た後に制作がほとんどで寝る間も惜しんで作っていたなぁ。

でも夢中になりすぎて今後のハンドメイド作家としての方向性などは考えられずにもくもくと作っていたなぁ〜

そうそう、文中にある価値観や個性についてもね。

 

 

そして迎えるコロナの時代

 

 

つづく★

 

ご覧いただきありがとうございました!

 

ブログに戻る
1 3